ごあいさつ


みなさんこんにちは。

岩﨑内科の院長岩﨑正高です。

 

開業してもう33年になります。

 

消化器疾患、胃・大腸疾患、肝臓病・糖尿病、腎不全での人工透析を中心として地域の皆様の健康を長々担ってまいりました。

 

次世代への後継者を育っていて数年後には、院長バトンタッチを予定しております。

 

今後も皆様からも愛され支えあうことが出来る医療機関して継続していきたいと考えています。



院長

岩﨑 正高(いわさきまさたか)

 

日本内科学会  認定医

日本消化器病学会 専門医

日本肝臓病学会 専門医

日本透析医学会  専門医

 

 

略歴

 

松山市に生まれる

愛媛大学属小学校

愛光中学

愛光高校

久留米大学医学部

 

 

 

職歴

 

昭和48年 久留米大学第2内科入局

昭和57年 松山赤十字病院
内科、人工透析センター、ICU、麻酔科)

昭和60年 岩﨑内科開院

昭和63年11月 岩﨑内科リハビリセンター

〔現在〕

医療法人 岩﨑内科院長

松山看護学校非常勤講師

河原医療大学校非常勤講師

文芸誌『アミーゴ』発刊責任者

 


当クリニックの歩み

昭和60年 8月 岩﨑内科有床診療所(内科)開院

昭和60年11月 岩﨑内科リハビリセンター・人工透析棟開設

平成   1年  5月 医療法人岩﨑内科に変更

平成30年 4月 愛媛県精密検査実施医療機関(胃癌、肝炎ウィルス)

平成30年 6月 大腸ファイバー実施医療機関として届出